先生

耳鳴りは病気の合図かも【早めに診察を受けて早期治療】

誰でも発症する

困る女の人

風邪をひくと耳の聞こえが悪くなり、耳鳴りがすることがあります。風邪の症状が緩和されると耳の不具合も改善されますが、長期に渡り耳鳴りに悩んでいる人は高齢者の場合三割はいるといわれています。高齢者の場合、加齢に伴い聴力は低下していき、回復が難しい時には補聴器を装用して耳に負担を掛けないようにしていきます。耳鳴りは高齢者に限らず、更年期障害や生活習慣病から耳鳴りを引き起こす事例もあります。中高年では日頃のストレスや人間関係の悩みなどから自律神経が乱れて耳鳴りが起こります。また、若年層では長時間のヘッドホンの使用や大音量のコンサート会場などで外傷性難聴を患い、耳鳴りがひどくなる場合もあります。全ての世代に共通しているのは初期症状だと軽視せず、早期の治療を心掛けましょう。

耳鳴りにはさまざまな原因が考えられます。原因の一つに病気があります。脳にできた腫瘍が聴神経を圧迫している場合、耳鳴りが起こります。また、内耳のリンパ液の流れや血流が悪くなると突発性難聴やメニエール病を患う場合もあります。身体的不具合の場合、薬物療法や腫瘍の摘出、レーザー治療により病気そのものが改善させると耳鳴りの症状も自然と治っていきます。しかし、特に原因が見つからず精神的疾患から耳鳴りに悩んでいる人が増加しています。不安神経症やパニック障害など、新しいうつ病が増えてきて自覚症状のない精神疾患が体の至るところに不具合を起こしています。耳の不具合は心の病気の治療を行う必要があります。薬物療法と共に臨床心理士によるカウンセリングを受ける事で心のバランスを取り戻し症状が緩和される場合があります。原因が特定できない場合には心療内科へ相談するのも良いでしょう。

心身のケアをしてくれます

医者

新宿の耳鼻科では鼻や耳の症状だけでなく、めまいに関する治療に力を注いでいます。メニエール病といった突然起こるめまいには吐き気や難聴、耳鳴りだけでなく精神的負担も伴います。体だけでなく精神的不安を軽減する心のケアにも対処してくれます。

More Detail

自分に合った物を選ぼう

男女

難聴を改善することが出来るアイテムとして、多くの人に使用されている補聴器ですが、その性能を発揮することができている人はごく一部なのかもしれません。今後は一人ひとりに合わせた調整を行う施設の数が増える事が期待されます。

More Detail

生活の質を高める

花

補聴器を販売店で購入するという場合には、購入前に一定期間レンタルをするようにしましょう。まずは片方の耳にだけ装着し、聞こえ方を確かめ瑠葉にすると良いでしょう。高額である場合も多いため、同じタイミングで両耳に装着する必要はありません。

More Detail