先生

耳鳴りは病気の合図かも【早めに診察を受けて早期治療】

自分に合った物を選ぼう

男女

様々なタイプがある

難聴に悩まされている人の中には、補聴器を使用することにより、難聴が改善されることもあります。補聴器の性能を引き出すためには、専門の医師による調整が欠かせません。現在主流となっているデジタル補聴器はパソコンやスマートフォンを利用して調整をすることが可能です。また、直接耳の穴に装着するタイプはオーダーメイドで型を取ることが出来ますので、つけていても違和感を感じることはそれほどありません。まずは、耳鼻科を受診し、検査を受けた上で最適な補聴器を選ぶようにしましょう。なお、補聴器には耳穴式やカナル型、耳掛け型などのタイプがあり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、選ぶ際の参考にしても良いでしょう。

調整が大切

日本は世界でも稀に見る高齢化社会であると言われています。今後はますます高齢化が進むとも言われており、加齢が原因で難聴に悩まされる人は増えると考えられています。一人ひとりの難聴の原因を解明し、改善させることが出来る補聴器ですが、正しく選ぶ、正しく使用するということをしなければ意味がありません。そのためには、一人ひとりの聴こえ方に考慮して音質や音量を調整するフィッティングが欠かすことが出来ません。しかし、このフィッティングを正しく行うことが出来る施設は補聴器を必要としている人に対して、それほど多くはありません。補聴器外来を設けるクリニックも増えてきていますが、今後の課題と言うことが出来るかもしれません。